プログラミング教育を学ぶ時に必要なものは何がある?

子供にプログラミング教育を習わせたいけど、プログラミングの経験や知識もないので何が必要なのかさえ分からないという親御さんも多いでしょう。

プログラミング教育を学ぶ時に必要になるものや、気になる費用のことについて解説します。

絶対に必要なのはパソコン。スマホはNG

子供にプログラミング教育を学ばせるなら、まずはパソコンが必要です。

子供向けのプログラミング教室には、本格的なプログラミングを学べるソフト型のプログラミング教室と、ロボットを使ったプログラミング教室があります。

ロボットを作成しながらプログラミングを学ぶロボットプログラミング教室では、パソコンを使わずスマホやタブレットを使うこともあります。

しかし、本格的にプログラミング教育を学ばせたいと考えているならパソコンは必要になってきます。

パソコンよりも手軽なタブレットで学ばせようと思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、そもそもプログラミング作業はパソコンで行うものです。

キーボードとマウスを使って入力しながらプログラミングを作成する工程も、パソコンがないと学ぶことができません。

パソコンは値段が高いので用意するのが大変と思う親御さんも多いかと思いますが、子供がプログラミングを習うのにそこまで良いパソコンは必要ではありません。

子供向けのプログラミング学習ソフトのスクラッチで学習するなら、ハイスペックのパソコンでなくても、5万円くらいのパソコンで十分です。

メルカリなどで3万円くらいの中古パソコンを購入しても問題無いです。

そして子供のプログラミング学習をサポートしてくれる教材も必要です。

大人なら特別な教材がなくても自分でネットで調べながら学んでいくこともできますが、子供にはプログラミングの基礎からサポートしてくれる教材が欠かせません。

プログラミング教育の教材は、先ほど紹介したプログラミング学習専用ソフトのスクラッチやロボットを組み立てるためのキットなどです。

パソコン上の学習ソフトは無料で使えるものもたくさんありますが、ロボットプログラミング教室で使うキットや教材は値段が高いものが多いです。

しかし、実際にパソコンの画面上以外にロボットなどの物理的なキットで学ぶと子供の関心も高くなり、もっとコントロールしたいという学習意欲も出てきます。

ただ、ロボットに飽きてしまう可能性もあります。

より本質的なプログラミングを学ぶならソフト型のプログラミング教室がおすすめです。

この場合はパソコンは必須で、自宅にはネット環境も必要になってくるでしょう。

プログラミング教育を学ぶなら、パソコンと専用ソフトやロボットを作る教材も必要ですが通う教室によって異なります。

プログラミング教室に通うには、さらに毎月の月謝も必要になってくるので経済的な負担も考えておきたいですね。