失敗しないプログラミング教室の選び方を知ろう

2020年のプログラミング教育の必修化に合わせて、プログラミング教室に通わせようと検討している親御さんも多いでしょう。

しかし私たち親世代は、そもそもプログラミングの知識が乏しく、どの教室が良いのか分かりません。

今回は、自分の経験もふまえて失敗しないプログラミング教室の選び方についてまとめました。

ロボット教室とプログラミング教室の2種類ある

キッズ向けのプログラミング教室はたくさんあり、どこを選べば良いのか何を基準に選べば良いのか分からないという人も多いかと思います。

そこでまず知っておきたいのが、プログラミング教室の種類についてです。

プログラミング教育には主にロボットを使ったプログラミング教室と、プログラミング学習用ソフトを使ったプログラミング教室があります。

ロボットを扱うプログラミング教室と学習用ソフトで学ぶプログラミング教室では授業内容もかなり違うので、まずは子供の適正を考えることが必要でしょう。

モーターや電子パーツを使ってロボットを組み立てて、完成したロボットを動かすためのプログラミングを学ぶロボットプログラミング教室は、やはり好みが分かれます。

積み木やブロックなどのおもちゃ遊びが好きな低学年の男の子なら興味を示し、積極的に学んでくれるでしょう。

しかし、ロボットにそれほど関心のない女の子や、おもちゃ遊びは卒業する高学年の子供は興味を示してくれないかもしれません。

ロボットプログラミング教室の特徴

ロボットプログラミング教室は、ロボットというハードに大きく依存していることがメリットでありデメリットでもあります。

ひたすらパソコンに向かってプログラミングを学ぶわけではないので、楽しみながらプログラミングを学んでいくことができます。

小さな子供でも分かりやすく学べますが、ロボット自体に興味がなかったり飽きてしまったらプログラミング教育もそれで終わってしまいます。

プログラミングソフトを使った教室の特徴

学習用ソフトを使ったプログラミング教室では、ゲームやアニメを作りながらプログラミングを学ぶので、高学年のお子さんは興味を持って学んでくれるでしょう。

初めは直感的に扱うことができるビジュアルプログラミングの「スクラッチ」という専用ソフトを使った学習になるので、誰でもすぐに理解できます。

このように子供の適正をチェックすることがまずは大切で、さらに授業料や通いやすさなども確認しましょう。

費用の違い。ロボット教室は高い傾向

ロボットプログラミング教室は教材やキットが高額なところが多く、初期費用がかなりかかります。

ソフトを使ったプログラミング教室は教材費は安いですが、自宅でも学習するならパソコンやインターネット回線も必要です。

また講師との相性もあるので、まずは体験コースに行ってみるのが一番です。

プログラミング教室にはロボットを使って学ぶ教室と専用ソフトを使って学ぶ教室があります。

子供はどちらに関心を持つのか、また授業料や通いやすさ、講師との相性もチェックして選ぶと良いですね。