2020年から子供のプログラミング教育が必修化されるって本当?

「プログラミングって何?」という人も多いかと思いますが、親世代の多くがプログラミングに関する知識がないまま、小学校での学習がスタートします。

子供のプログラミング教育が必修化されるのは本当なのか、またどのような授業が行われるのか紹介致します。

「プログラミング」という新教科は追加されない!

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されるのはすでに決定されています。

2017年3月に発表された新学習指導要領で、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが明示されているので、これは間違いありません。

ただ多くの親が、プログラミング教育の必修化についていろいろと誤解をしているようです。

私もそうだったのですが、プログラミング教育が必修化されると聞けば、算数や国語、理科のように新しい教科として加わると思うでしょう。

新しくプログラミングの授業がスタートすると思っている人が大半かと思いますが、プログラミングという教科が新しく加わるわけではありません。

今回の新学習指導要領では、既存の科目の枠組みの中でプログラミングを扱うということになっています。

つまり、算数や国語などの従来の教科にプログラミングの要素が一部組み込まれる程度です。

多くの人が勘違いしているような、単独してプログラミングの授業が行われるわけではありません。

具体的には、算数の授業では三角形や正六角形などの作図をプログラミングで行うといった具合に、各教科ごとにプログラミングのエッセンスが取り入れられるのです。

どのようにプログラミングの要素を各教科に取り入れるのか、どんな授業内容になるのか具体的なことは学校や関係機関で調整をしている段階のようです。

他にも例としては、音楽ではいろんなリズムを組み合わせて音楽を作る音楽の授業などが検討されています。

つまりプログラミン言語を学んだり、コンピューターへの命令プログラミングを書くコーディングを学ぶのではないということです。

今回のプログラミング教育の必修化では、プログラミング言語やコーディングスキルを学ぶものではなくて、「プログラミング的思考(=論理的思考)」を学ぶことが目的とされています。

プログラミング的思考を学ぶことで、各教科の学びも深くなっていくと言われています。

2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されますが、プログラミング言語などを学ぶわけではありません。

必修化に合わせて急いでプログラミングを習わせる必要はなさそうです。