プログラミング教育で実際に子供にはどんなスキルが身につくのか?

いよいよ2020年から日本でもプログラミング教育が必修化されます。

でも、そもそもプログラミング教育って本当に必要なの?という疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。

小学校で必修化される前に、我が子もプログラミング教室に行かせようかと考えていたのですが、そもそもプログラミング教育でいったい何が身につくのでしょうか。

プログラミング教育を学ぶ目的や、これを学ぶことで子供に何か身につくのかを調べてみました。

目的は論理的な思考力を鍛えること!

私は我が子に将来、システムエンジニアやプログラマーなどの職業に就いて欲しいわけでもありません。

それに、現時点で子供がそれらの職業に興味を持っているわけでもありません。

多くの親御さんは私と同じように考えているのではないでしょうか?

では、なぜプログラミング教育が必修化されるのでしょうか?

プログラミング教育の一番の目的は「論理的な思考力」を身につけることだと言われています。

プログラミング教育を通じて育成される思考力のことをプログラミング的思考と言うのですが、これはプログラミングを行う能力のことではありません。

そもそも、プログラミングとはコンピューターに人間の意図する指示を与えていくもので、それを実現するためにどのような組み合わせが必要なのかを考えていきます。

一つ一つの動きに対応する記号を、どのように組み合わせれば良いのかなど細かく論理的に考え、試行錯誤を繰り返すことが必要になってきます。

つまり、プログラミング的思考とは自分が意図する目的から逆算して物事を順序立てて考え、結論を導き出して実行し試行錯誤しながらゴールに向かう思考力のことです。

これは問題解決型の思考で、プログラミングを学ぶことで問題解決力や論理的思考、創造性などが身についていくのです。

これから社会構造も大きく変化するでしょうから、このようなプログラミング的思考はとても重要です。

でも、実際の目的はIT系人材不足に対応するため

とはいえ、「論理的な思考力」を鍛えるのだけが目的じゃありません。IT系人材を育成することが大きな目的です。

これから最新のテクノロジーを駆使したシステムの導入が進められる中で、必要になるのがプログラミング的思考です。

今もIT人材は不足していて、これからさらにIT人材の不足が深刻になると言われています。

やはりこれからの時代、プログラミング的思考が身についておけば就職の選択肢も広がりそうです。

プログラミング的思考は、国語や算数などの科目や日常生活、さらに幅広い仕事でも活かすことができる能力です。

あらゆる仕事で欠かせない段取り力や説明力、計画力や忍耐力など、さまざまな能力やスキルも身につけられるのがプログラミング教育なのです。

プログラミング教育で身につくプログラミング的思考は、これからの時代に欠かせない能力と言われています。

プログラマーになるだけでなく幅広い職業や日常生活でも役立ちそうですね。