子供のプログラミング教育はどんな事をしているの?

2020年から小学校でもスタートするプログラミング教育に向けて、どこかのプログラミング教室に通わせようかと考えている方も多いのではないでしょうか?

小学校で必修化される前に、今のうちから少しでもプログラミングに触れさせておこうと考えている親御さんも多いでしょう(我が家もそうです)

ただ、プログラミング教育と言われても私たち親世代はなじみのないものです。ですから、まずは実際にどんな事をしているかを把握しておく必要があります。

プログラミング教育は2つある!

小学生や中学生向けのプログラミング教育は大きく2つのタイプがあります。

ロボットを使ってプログラミングを学ぶロボット型プログラミング学習と、スクラッチなどのパソコンソフトを使って学ぶソフト型プログラミング学習です。

オリジナルキットなどハードを使って学ぶのがロボット型プログラミング学習で、パソコン上ですべてが完結するのがソフト型プログラミング学習です。

ロボットという子供にも興味があるテーマで、プログラミングが学べるのがロボット型の魅力でしょう。

モーターやセンサーなどを使ってロボットを実際に作り、完成したロボットの動きを制御する工程でプログラミングを学んでいきます。

必ずしもパソコンは必要でなく、スマホやタブレットから指令を与えたり電子回路を組み替えたりしてプログラミングを学習していく教室もあります。

ソフト型プログラミン学習の方は、パソコン上のソフトを使ってプログラミングを学びます。

キットなどはなくて、パソコン上ですべてが完結するのがロボット型との大きな違いです。

ゲームやアニメなどをパソコンのモニターで作りながらプログラミングを学んでいきます。

ソフト型プログラミングはスクラッチが終わればweb系の言語、さらに制御系言語へと幅広い分野へ展開しやすいのも特徴です。

よりプログラミングの本質を学べるのはソフト型と言えそうです。

子供向けのプログラミング教育では、視覚で直感的に扱うことができるビジュアルプログラミングが使用されています。

世界各国のプログラミング教育で使用されている代表的なソフトがスクラッチで、日本でもおなじみのソフトです。

同じプログラミング教育でも、このようにロボット型とソフト型ではそれぞれ学ぶ内容が異なります。

また、ロボット型は教材やキットの費用が高く初期投資にお金がかかりますが、ソフト型は教材費は無料もしくは安く抑えられるなどの違いもあります。

プログラミング教育には主にロボット型とソフト型があり、学び方に大きな違いがあるようです。

ロボットに興味があるかどうか、年齢によっても向き不向きがありそうですね。

どちらが良いのか?は、その子の好みにもよるので、まずは無料体験などに参加して様子をみては如何でしょうか?